読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜の匂いに変わったら、

見に行ったライブについて、つらつらと書きます。

waypoint2016


2016.02.25 @赤坂BLITZ

f:id:watertree1115:20160308182232j:image

去年のwaypoint2015の追加公演である、今回のライブ。
そして私の今年のライブ始め。
ダブルアンコールのGATEの余韻を残しつつ発表されてから
ずーっとワクワクしてこの日を待っていました。

久野さんがTwitterで、このライブには仕掛けがあるって呟いていて、
何だろうなあ…と考えたり
今回のライブからの、会場限定グッズを見ながら、どれ買おうかなあ…と迷ったり
iPodに入っているcinema staffの音源を聴きながら、セトリを空想してみたり。

ライブって、ライブまでの間も楽しいです。

f:id:watertree1115:20160308182258j:image

バイト終わりに急いで赤坂に向かい友達と合流。
open時間になり、自分たちの番号が呼ばれるのをドキドキしながら待つ。
今回は257,258番辺りだったのですが
偶然隣にいたお兄さんにチケットを譲っていただき(本当に偶然。一緒に来る人が来れなくなったらしい。)
117,118番辺りになりました!わーい!

予想より早い入場にテンションが上がり
ロッカーに荷物を押し込み(冬は荷物が多くなるから大変。)
早足で会場内へ。

私の「三島さん側がいい!」というわがままで
ステージ下手側の前から3列目辺りに。良い位置。三島さんのプレべが目の前に見えます。

今日何やるかなー楽しみだなーあの人のTシャツ小さな食卓だーなんて話をして
あっという間に開演時刻。

暗くなりSEが流れて4人がステージに登場。
客席もググッと後ろから押され、なぜか前から2列目に。
三島さんの「俺たちが、岐阜県から来ましたcinema staffです」というシャウトから
1曲目、「theme of us」とぐーっとテンションが上がっていきます。良い。
音がなった瞬間、体の内側から痺れる感じ、ゾクゾクっとする、cinema staffにしかない感じ、最高。
RIDICULOUS HONORは、あまり聞いてこなかったけど、ライブで聴いてカッコよさが分かった。
途中では1stミニアルバム「document」を全曲演奏。
ローリングにKARAKURI in the skywalkersに、本当に好きな曲だから震えた。
documentレコーディングの裏話でクスッと笑って、「ここからが本番」という三島さんのMCで、さらにテンションが上がる。
本編の最後がGATE。痺れる。
「勘違いの成れの果ては君とのさよならでした」って繰り返す飯田さんを見て、なんだか熱くなった。歌詞が好きだ。

そしてアンコールでは「KEYTALKです、よろしくぅ」という飯田さんのモノマネ(似ていた。笑)
更に物販紹介。
タオル、トートバッグ→回せ〜
バングル→かざせ〜
パーカー→燃やせ〜
のメンバーのやり取りが最高に面白かった。笑
そして、レンタルベストの紹介。この時まだ借りてなかったのでlost/stand/aloneは初聞き。2曲目はpoltergeist。この曲は本当に大好きで、メンバーの激しいステージングとノイズ混じりの音に泣きそうになる。音源以上に素敵。

で、メンバーはステージから捌ける、がダブルアンコール。
海について。初めて聞いた!んー最高…。

cinema staffは歌詞が好きだけど、
こうしてライブを見るときはステージングが一番好きかも。
飯田さんのまっすぐ綺麗にのびていく歌声と
辻さんのヒヤヒヤするほど激しいギタープレイと
三島さんの力強いベースにシャウト
久野さんの芯のあるドラミング
全部を混ぜ合わせてできる、あのcinema staffのステージが大好きだなあ…と思います。

三島さんのMCで「近々、またお会いしましょう。」って言ってて、何かあるのかな、と思っていたらやはり。
ライブ終演後のエンディングで
NEW ALBUM「eve」発売と
それに伴う全国ツアー「about eve」が発表されました。最高!

お金がなくて買えなかったバングルを
一緒に行った友達がプレゼントしてくれました。嬉しい。

cinema staffが更に、更に大好きになった1日でした。